AMATERAS Mapper

アマテラスマッパー

デジタルサイネージ・インタラクティブコンテンツ向け映像補正データ出力ツール

About

AMATERAS Mapperについて

Amaterasの強力な映像補正機能を使うと、複数台のプロジェクターを使ったプロジェクションマッピングやドームスクリーンへの投影、ディスプレイを自由にレイアウトしたデジタルサイネージやイベント映像システムの映像調整を行うことができます。AMATERAS Mapper(アマテラスマッパー)は、この映像補正データを作成し、画像や映像素材を変換してサイネージプレーヤーや一般的な映像送出機で再生できるように書き出すためのツールです。これにより、単純な映像再生が中心になる常設のプロジェクションマッピングやデジタルサイネージに最適なソリューションを構築することができます。また専用のプラグインを使うことで、UnityやUnreal Engineといったインタラクティブコンテンツにこの映像補正機能を組み込むこともできます。インタラクティブサイネージの基盤技術としてご活用ください。

Features

主な特徴

映像切り出し・
2Dマッピング

映像補正の基本になるのは、「入力映像から一部を切り出し、これを変形して出力画面の任意の位置に表示する」ことです。これを2Dマッピングと呼びます。この調整作業に不可欠なスプラインワープ補正、作業が進むにつれ複雑に絡まるスプラインの制御点をリセットするリメッシュ機能、映像をスクリーン上に「ピン」で止めていくようなピンワープ補正など、Amaterasには豊富な現場実績から生まれた使いやすい映像調整機能が多数搭載されています。

スプラインワープ補正

歪み補正の調整方法として一般的な、スプライン制御点の位置を調整して映像を曲げながら変形させるテクニックです。スプライン制御点の数を任意の数だけ増やして細かく変形ができるほか、作業が進むにつれ複雑に絡まる制御点をリセットして細分化もできるリメッシュ機能を備え、どこまでも歪み補正を追い込んでいくことができます。このリメッシュ機能がどれだけ重要か、短時間でやり直しのきかない映像調整現場の経験者ならハッキリとわかるはずです。また投影画面上(どこに映像を配置するか)と映像ソース上(どの部分の映像を使うか)の両面から独立した歪み補正が行なえるため、多角的に投影補正調整を進めていくことができます。

スプラインワープ補正の使いどころ

  • 単純な映像の部分切り出しや変形調整
  • 局所変形しない滑らかな曲面投影の調整
  • 自動投影補正や他の投影調整結果の修正

ピンワープ補正

スクリーンの継ぎ目など、投影場所に目印となるポイントが多数ある場合、ここに映像を正確に合わせていくテクニックがピンワープ補正です。このピンワープ補正では、スクリーン上に「ピン」で留めていくように映像をマッピングしていきます。スプラインワープ補正の制御点と異なり、気になる部分に好きなだけピンを追加して細かく補正することができます。またピンで留めた映像は以後の調整作業の影響を受けず常にその位置にとどまるので、かけた時間の分だけ調整制度を向上させていくことができます。目印のあるスクリーンには何よりも早く確実な投影調整方法と言えるでしょう。

ピンワープ補正の使いどころ

  • 継ぎ目や目印のあるスクリーンへの投影調整
  • 方位・仰角を計測できるドームスクリーンへの投影調整
  • グリッドを重ねながらの正確なスタック投影調整

マーカーによる
特徴点の記録

正確な歪み補正の調整を行なうためには、メジャーやセオドライトなどでスクリーン上にあらかじめ均等な分割線を計測しておくことが有効です。この計測の際に、スクリーンにペンやテープなどで直接目印を付けず、プロジェクションする映像上に「マーカー」を記録していくことができます。手軽にいくつでもマーカーを記録し、投影調整が終われば一括で非表示にすることができます。ピンワープ補正の場合は、マーカーの位置にピンがスナップ配置できるのでさらに効率的です。またあらかじめ十分な数のマーカーだけ記録しておけば、実際に暗い環境で投影像を見ずともツールの画面上で投影調整作業を続けることができます。

・ポイントをマーキングする十字マーカー
・グリッドなどをマーキングするラインマーカー

内臓テストパターン

平面を縦横均等にグリッド分割する「長方形グリッド」、ドーム投影の調整などに便利な「同心円グリッド」など、映像補正の調整に便利な複数のテストパターンを用意しています。これらはグリッドの分割数や色などをその場で変えながら利用することができます。

3Dマッピング

複雑な形状のスクリーンや、立体物を包み込むような周囲からの3Dマッピングのために使用するのが3Dマッピング機能です。仮想的なプロジェクターによる投影のシミュレーションを行うことで、スクリーン形状に合わせた歪みを計算して補正を行います。若干の形状やプロジェクター位置の誤差はスプラインワープ補正で修正します。コンテンツを3Dモデル表面に焼きこむ手間がかかりますが、投影調整の作業時にプロジェクターの台数や置き方が変わってしまっても対応できる唯一の方法です。

様々な基本スクリーン
形状を用意

よく使われる基本的なスクリーン形状は、パラメータを入力するだけで用意ができます。投影プランを考える際のサンプルとしても便利に利用できます。

基本スクリーン形状:

平面、円柱、ドーム、欠球ドーム、ジオデシックドーム

任意形状の
スクリーンに対応

複雑な形のスクリーンに投影する場合は、そのスクリーンの形状を荒いポリゴンモデルとして用意します。このモデルにテクスチャ座標(UVマップ)を定義することで、テクスチャマッピングをするようにスクリーンを映像で包みます。このスクリーンモデルを読み込んで、投影シミュレーションと3Dマッピングを行うことができます。

投影シミュレーション

3D空間にスクリーンとプロジェクターを仮想的に配置し、投影範囲や機材選定のための投影シミュレーションを行うことができます。それぞれのプロジェクターは位置、向き、画角、アスペクト比、レンズシフトなどを設定して正確なシミュレーションを行うことができます。

Oculus RiftでVRプレビュー

3Dマッピングでの投影の様子を、Oculus Rift(ヘッドマウントディスプレイ)を使って主観的な視点で確認することができます。プロジェクションマッピングがどの位置からどのように見えるか、実際の映像素材を上映してバーチャルに体験することもできます。これは企画提案時のプレゼンや演出効果の事前検証に最適です。

エッジブレンディング

複数のプロジェクターを使った投影では、スクリーン上で投影範囲が重なった部分の輝度を落とすことで、全体を均一な輝度に調整する必要があります。これをエッジブレンディングと呼びます。Amaterasでは、単純な縦横配置の投影のエッジブレンディングから、強力な自動ブレンディング機能、不要な部分の投影をカットするマスク機能などを備えています。

インタラクティブな
エッジブレンディング

プロジェクターを縦横などに複数台並べた場合のエッジブレンドは、インタラクティブにブレンド幅やガンマカーブを調整して即座に実現することができます。さらに必要であれば、任意形状のブレンドグラデーションを追加して輝度を細かく手動調整することができます。また、いったんブレンド調整の結果をグレースケール画像として書き出し、外部ツールで加工して再び読み込む「オーバーレイマスク」機能もあります。

画期的な
自動ブレンディング

映像が複雑に重なったマルチプロジェクションでは、歪み補正の形状に応じて「自動ブレンディング」計算を行なうことができます(3Dプロジェクションとの併用は不可)。手動ではとても作成できないような複雑なブレンディングパターンを生成でき、さらにプロジェクターごとのガンマカーブに合わせた微調整も可能です。

インタラクティブな
マスク描画

投影調整でスクリーン外に漏れた映像や、スクリーン以外の余計なものに投影される映像を切り取る「マスク」作業を行なうことができます。ペイントツールのような直感的な使い勝手で、投影面上に絵を描くようにマスクする範囲を指定することができます。複数台のプロジェクター映像をエッジブレンドせず正確に「付き合わせる」ための投影形状作成にも有効です。

カメラフィードバックによる
自動投影補正

カメラによる投影パターンの自動認識技術を使って、スクリーン用の投影補正データを高速かつ高精度に生成します。プロジェクターの台数や種類によらず、プロジェクターで映像が投影されている領域全体に渡ってひずみ無く均一な映像の投影を可能にします。ピクセル単位の精度でのスタッキング(重ね投影)により、高輝度化、高精細化、パッシブ立体視や冗長性の向上にも利用できます。

自動投影補正のメリット

自動投影補正システムを導入することで、下記のようなメリットが得られます。

  • 時間の限られた仮設現場でのドーム投影
  • 舞台袖から役者の影を出さずに背景を覆う超斜角投影
  • 投影距離が十分に無い空間での複雑な交差投影
  • ピクセル単位での高精度スタッキング調整
  • いつでも最適な投影状態に再調整できる常設シアター

※ 自動補正技術は使用される現場ごとにライセンス費が発生します。
※ 自動補正技術の利用可否が現場条件によるため、必ずあらかじめご相談ください。

柔軟なシステム構成

Amaterasは高解像度の映像をもとに1台から多数のプロジェクターやディスプレイパネルに出力できるよう設計されています。また、LAN越しに複数のPCを連携させ、同じ使い勝手でさらに映像出力の数を増やすこともできます。この組み合わせにより、現場ごとにAmaterasを使った最適なシステムを構築することができます。

1台のPCからの
複数画面出力

プロジェクターを縦横などに複数台並べた場合のエッジブレンドは、インタラクティブにブレンド幅やガンマカーブを調整して即座に実現することができます。さらに必要であれば、任意形状のブレンドグラデーションを追加して輝度を細かく手動調整することができます。また、いったんブレンド調整の結果をグレースケール画像として書き出し、外部ツールで加工して再び読み込む「オーバーレイマスク」機能もあります。

複数PCの
ネットワーク連携

大規模なマルチプロジェクションでは、複数台のPCを使って負荷を分散し、さらに多くのプロジェクターやディスプレイパネルに映像を出力することができます。ネットワーク越しの複数のPCを使用したマルチプロジェクションでも、手元の作業用ノートパソコンなどからすべて遠隔操作し、同じ使い勝手で調整作業を行うことができます。

映像補正データの活用法

Amaterasで調整した映像補正データは、サイネージプレーヤーやインタラクティブコンテンツ、AMATERAS Server上のデスクトップワープなど、様々な方法で活用することができます。

静止画・動画の映像変換

投影調整を終えたら、この調整パラメータを使ってAMATERAS Mapperで高解像度の静止画や動画コンテンツを上映用に補正変換して書き出すことができます。書き出された映像(静止画または連番画像)は、それぞれの画面に接続しなおしたサイネージプレーヤーやPCなどで全画面表示すれば、Amaterasで調整した時と同じように歪みなく表示されます。安価で安定した常設の映像システムを構築する際に、使い慣れたサイネージプレーヤーや映像送出機を活用することができます。

投影補正データの書き出し
(オプション)

UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジン、openFrameworksなどで開発した独自のインタラクティブコンテンツをマルチプロジェクションや複雑なディスプレイ配置のサイネージに対応させるために、AMATERAS Mapperを活用することができます。これらのツールで3D空間に構築したシーンを投影で再現するための投影補正データを、AMATERAS Mapperから書き出すことができます。
※ 投影補正データをこれらのコンテンツに組み込むには、専用プラグインの組み込みが必要です。

AMATERAS Serverで
リアルタイム上映

AMATERAS Serverを使うと、AMATERAS Mapperで映像補正調整を行い、そのままこの映像補正をかけながら映像を上映することができます。時間の限られた設営現場でギリギリまで投影調整を続け、まずオープニングの時期をリアルタイム映像再生で対応し、落ち着いてからサイネージプレーヤー用に書き出して現場からサーバーを引き上げるといった、柔軟な運用にも対応できます。

AMATERAS Serverで
デスクトップワープ

AMATERAS Mapperで映像補正調整を行い、AMATERAS Serverのデスクトップ画面にこの映像補正データを直接適用することができます。これによって、多数のプロジェクターによる複雑な投影を意識することなく、広いデスクトップ画面を持った1台のWindowsPCとして通常通り任意のアプリケーションを使用することができます。

AMATERAS Serverで
ビデオキャプチャ補正

AMATERAS Mapperで映像補正調整を行い、AMATERAS Serverのビデオキャプチャで取り込んだ外部映像にリアルタイムで適用して表示することができます。映像補正の仕組みを意識することなく、別のPCやビデオ入力を任意の形状のスクリーンやマルチパネルディスプレイに歪みなく表示することができます。

Comparison

比較

AMATERAS Mapperはソフトウェア製品です。お使いのPCにインストールして映像補正の調整作業を行い、映像素材にこの補正をかけてサイネージプレーヤーなどでの再生用に書き出すために使用します。リアルタイムに投影補正をかけながら表示できるAMATERAS Serverと比較して、下記のメリット・デメリットがあります。AMATERAS Serverも合わせてご検討下さい。

メリット
  • 期限や使用目的の制限なく自由にご利用いただけます。
    (AMATERAS Serverは常設用販売、またはレンタルのみ)
  • サイネージプレーヤーなどでシンプルな常設システムを安価に構築することができます。
  • インタラクティブコンテンツに投影補正をかけて、自作のPCで上映することができます。
デメリット
  • AMATERAS Serverのようなリアルタイム映像補正には対応していません(ロゴが表示されます)。
  • 動画素材の場合、プロジェクターのズレなどで投影補正を変更すると、再度書き出しが必要になります。
  • インタラクティブコンテンツでは、投影補正データを組み込むための修正が必要になります。

Download

ダウンロード

最新版のダウンロード

Windows 64bit版
ver. 3.3.0
準備中

2016.5.31

AMATERAS Mapper 3.3.0

  • AMATERAS Mapperとして最初のリリース

Windows 64bit版

推奨動作環境

対応OS Windows 7 以降 64bit版
CPU Corei5以上のCPU
グラフィックス NVIDIA GeForce/Quadroシリーズ または AMD Radeon/FireGLシリーズ

※ 高解像度・高品質ムービーの再生には、高性能のCPUとグラフィックス環境が必要です。

For Sale

販売について

AMATERAS MapperはUSBドングルによるライセンス販売となります。投影補正の調整機能についてはフリー版にてご確認いただくことができます。USBドングルを挿入したPCでのみ、ロゴなしで映像変換結果の書き出しを行なうことができます。

価格:20万円(税別)/ USBドングル
※上記の料金は予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

投影調整のトレーニングや現場での弊社スタッフによる投影調整作業をご希望の方は、別途弊社までご相談ください。

お問い合わせフォームへ